スポンサーリンク


ハウステンボスの料金や人気アトラクションと歌劇団やホテルの情報

ハウステンボスのアクセス

ハウステンボスは、今や国民的なテーマパークです。
つまり、訪れる人は全国から。というわけで、公式ホームページのアクセスの説明ページには、「北海道発」「東北発」「関東発」「中部発」「近畿発」「中国発」「四国発」「九州発」というふうに、出発地別にアクセスルートの説明があります。
そして、最終的なアクセスですが、JRの場合、ハウステンボス駅より徒歩約5分で入国口に到着します。 バスの場合、降車場から徒歩約1分で入国口に到着します。
車の場合、第1駐車場より順番に使えるようになっていて、料金は普通車で800円です。テルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、フォレストヴィラ、変なホテル ハウステンボス、ウォーターマークホテル長崎ハウステンボス、といった直営ホテルに宿泊の場合は、宿泊者専用駐車場が用意されています。

スポンサーリンク

ハウステンボスの料金

ハウステンボスの料金は、大人(16歳以上)が「1DAYパスポート」6900円、「3DAYパスポート」16000円などとなっています。午後4時・5時以降の入園分は割引になり、65歳以上の人はシニア割引の対象者です。
ハウステンボスには入場券のみの「散策チケット」があり、大人料金は4400円とアトラクション代がない分お得です。ハーバーゾーンのみの場合は、入場料金は大人でも1000円でしかありません。
ハウステンボスの料金は、オフィシャルホテルの宿泊者限定で割引になります。だいたいがホテルに宿泊しながら2日・3日かけて滞在する人が少なくないので、ホテルとセットで考えている人には検討の余地があります。

ハウステンボスのアクセスや観光を動画で紹介

スポンサーリンク

ハウステンボスのアトラクション

ハウステンボスには、全部で10のエリアがあります。アトラクションは、アトラクションタウン・アドベンチャーパーク・スリラーシティに集中しているようですが、アートガーデンの「白い観覧車」やハーバータウンの「ゲームミュージアム」も人気です。
ハウステンボスは広大なので、モデルコースにしたがうのも一興です。「天空の城」などの人気アトラクションは午前中に、夜は「光のバンジー」でイルミネーションも同時に楽しめます。
ハウステンボスでは、大迫力のアトラクションも人気です。「ドームシューティング360」は日本最大、「5D MIRACLE TOUR」などホラー系も人気で、「ショコラ伯爵の館」などでのんびり過ごすのもよいものです。
こちらの動画は人気のイルミネーション「光の王国」です。

ハウステンボス歌劇団

ハウステンボスには専属の歌劇団があって、団員は男役・女役とも全員女性で、青いバラがシンボルマーク・カラーです。2013年に設立され、2017年から「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」と改称しています。

歌劇団の公演は、ハウステンボスのパスポートがあれば追加料金なしで観劇できます。系列の「ラグナシア」(愛知県蒲郡市)でも、公演がみられます。
この歌劇団は、ハウステンボス歌劇学院の卒業生だけが入団できるという超エリートです。団内は、チーム心、(ハート)、チーム光(シャイン)、チーム華(フラワー)に分かれていて、宝塚に似たものを感じるでしょうが、レベル的に宝塚に肉薄しているという評判もあります。

スポンサーリンク

ハウステンボスのホームページ

ハウステンボスは、チケットの種類が多いので、ホームページでじっくり研究する価値があります。ちょくちょく行く人には、年間パスポートが一番いいと結論できるでしょう。
ハウステンボスのホームページは、イベントスケジュールやアトラクションの新設・メンテなど、最新情報をいち早く伝えてくれます。営業時間や場内マップはガイドブックにも載っていますが、臨時休園など突発事態は、ホームページのほうが有利です。
ハウステンボスのホームページで、宿泊情報を調べることができます。「ホテルヨーロッパ」などの直営ホテル宿泊でパスポートが割引になるなど、セット割引情報も要チェックです。

ハウステンボスのホテル

ハウステンボスには直営のホテルがあります。公式チャンネルでは、「ホテルヨーロッパ」「ホテルアムステルダム」「フォレストヴィラ」が動画で紹介されています。



スポンサーリンク


同じジャンルの記事

  1. 長崎バスの路線図や時刻表のクイック検索

  2. 西郷隆盛・西郷どんを巡る旅

  3. 海遊館の行き方や楽しみ方、お得な割引情報

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 秋葉原観光の見どころやイベントと便利な観光地図

  2. グーグルマップ

  3. 箱根登山鉄道の時刻表や路線図、人気のあじさい電車

  4. レゴランド名古屋・大阪・お台場の情報や料金について

  5. JR九州の路線図や時刻表と運賃一覧表

  1. 乗り換え案内・Yahoo!やジョルダンなど無料の検索サービス

  2. 東京国立博物館の営業時間やアクセスと展示物の見どころ

  3. 東京メトロの路線図や定期券とお得な一日券

  4. 西武バスの時刻表や路線図、運賃や定期代について

  5. 阪急電車の使いやすい時刻表や路線図

スポンサーリンク