スポンサーリンク



高千穂峡へのバス・電車でのアクセスやボート・宿泊・駐車場などの観光案内

高千穂峡、「たかちほきょう」と読みます。場所は宮崎県の西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川で、国の天然記念物にも指定されている絶景渓谷です。

高千穂峡の観光

高千穂峡の観光ツアー

神話の里・高千穂峡は、近ごろはスピリチュアルな観光スポットとしても、評判が高まっています。行きにくいイメージがありますが、ツアーなら手軽にアクセスできます。
高千穂峡をめぐる観光ツアーは、1泊2日、2泊3日などのコースで、高千穂神社、真名井の滝、天安河原などの名所を効率よく回れます。さらに、高千穂牛を使ったご当地グルメ、夜神楽鑑賞など、ツアー客限定の呼び物も楽しみの一つです。
一方、高千穂峡かいわいでは定期観光バスは運行していませんが、高千穂キャブ観光タクシーを運行しています。2時間・3時間のコースがあって、お手軽なツアーのような使い方もできます。

スポンサーリンク

高千穂峡の観光時間

高千穂峡めぐりは、高千穂神社あたりに限定すれば、観光時間は1日もあれば十分なように思えます。

実際、散策コースはアップダウンが多く、意外とハードなコースとなのです。
高千穂峡は、天岩戸神社高千穂神社国見ヶ丘など主な観光スポットを回るだけでも、観光時間はふつうに3〜4時間は必要です。さらに余裕があれば、スーパーカートに乗車して、高千穂橋梁から高さ105mからのの絶景を堪能するなど、いろいろ足を伸ばすのも一興です。
高千穂峡の観光に車を使うと、観光時間は圧縮できますが、高千穂神社と大橋駐車場以外の駐車場は有料です。また、観光タクシーを利用すれば観光時間を2〜3時間程度に抑えることができます。

スポンサーリンク

高千穂峡のボートは平日早朝が狙い目

高千穂峡の観光は、五ヶ瀬川でボートで川遊びがハイライトです。
なので、土日祝は観光客が列をなして、空き待ち時間が発生することが多々あります。
高千穂峡の貸しボートは、料金が30分2000円で、平日・土日祝ともに同額となっています。御塩井駐車場近くのボート乗り場から、真名井の滝まではこいで5分ほどです。名所を水上から眺めるだけで新鮮な感動を覚えるので、すいているときはぜひチャレンジしたいものです。

高千穂峡の貸しボートは、営業時間は8:30〜17時で、夏休み期間は7:30〜18時に延長されます。予約はできませんが、平日は比較的すいているほうですが、「待ちたくない」のならば、早朝にいけばほぼ確実に乗船できるでしょう。

高千穂峡へアクセス

高千穂峡へのバスでのアクセス

高千穂峡へは、宮崎県の北部・延岡駅前から宮交バスの、高千穂バスセンター行きに乗車し、所要時間1時間30分ほどでアクセスできます。宮崎駅前からは、高速乗合バスでアクセスできますが、所要時間は2時間40分ほどかかります。
また、博多駅前からも直行バスがあり、高速バス・ごかせ号でアクセスでき、所要時間は3時間30分ほど・1日4便の運行があります。熊本駅前からは特急バス、あそ号、たかちほ号が運行していて、所要時間は約3時間・1日に2本ほどの便があります。
高千穂峡エリア内では、各駐車場をめぐるシャトルバスを運行しています。週末やゴールデンウィーク限定の運行ですが、エリア内でのアクセスの足として重宝するサービスです。

高千穂峡への電車でのアクセス

高千穂峡は、宮崎県北部の山間部にあります。まずJR延岡駅まで電車で行き、さらに高千穂バスセンターまで路線バスや高速バスでアクセスするのが超定番です。以前は、延岡から高千穂鉄道があったのですが、現在は廃線となっています。
延岡駅は、高千穂峡への事実上の玄関口となっています。宮崎駅からはJR日豊本線の特急で所要時間1時間5分ほど、大分駅からはJR特急で所要時間2時間5分ほどで延岡駅へ電車でアクセスできます。
高千穂鉄道は、延岡-高千穂峡間のアクセスルートとなっていたのですが、2008年に廃止され、電車の運行がストップしています。以後は、高千穂あまてらす鉄道として再生し、スーパーカートで、高千穂橋梁を往復することができます。

スポンサーリンク

高千穂峡の地図

高千穂エリアは、地図によると大きく3エリアに分けられます。天岩戸神社エリア、高千穂バスセンター周辺、そして高千穂峡は高千穂神社を中心とするエリアになり、観光のハイライトとなっています。

高千穂峡エリアは、地図上では1kmほどの範囲にまとまっています。地図で各スポットをめぐる遊歩道を確認できますが実際はアップダウンが多いので、散策には意外と体力を使うコースです。

ところで、高千穂峡を昔から知っている人で、以前あった高千穂鉄道が地図から消えていることに気づく人もいることでしょう。事実廃線となったのですが、名物の高千穂橋梁は今も健在で、観光客はスーパーカートで高さ105mの橋を往復することができます。

高千穂峡に近い駐車場

高千穂峡エリアでは、主な観光スポットに近い場所に、駐車場があります。
高千穂神社大橋駐車場は料金無料ですが、おのころ池周辺の広場、あららぎなどは有料となっています。

高千穂峡エリアでは、ボート乗り場に近い場所として、御塩井駐車場があります。ボート遊びが観光のハイライトのようになっていて、土日祝はとくに混雑してボートも車も空き待ちをする光景がみられます。

週末やゴールデンウィーク限定で、高千穂峡シャトルバスがエリア内の駐車場を循環しています。シャトルバスは料金無料なので、運行日はどこでもあいている場所に駐車して、行きたい場所へはシャトルバスで移動が賢い利用方法です。

高千穂峡で人気の宿泊施設

高千穂峡の周辺には宿泊施設が何軒かあり、観光の拠点として活用できます。大和屋岩戸屋などの旅館は、川魚を使った郷土色豊かな食事、アットホームな雰囲気も人気のポイントの模様です。
高千穂峡に一番近い宿泊施設でいえば、国民宿舎・ホテル高千穂が一番人気です。公共の宿泊施設らしい安心感、評判の囲炉裏小屋(要予約)でいただく郷土料理も好評を博しています。
高千穂峡エリアは旅館や民宿が多いイメージがありますが、ホテルに宿泊するバリアントもあります。たとえば、ホテルグレイトフル高千穂はシティホテルのようなたたずまいで、寝るのはベッドがいいという向きに、とくに人気が高いようです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 和歌山の観光マップやモデルコースと名所ランキング

  2. 京都観光人気ランキングやおすすめの観光コース

  3. ひたち海浜公園・ネモフィラ情報や施設とアクセス案内

  4. 茨城県観光

  5. 袋田の滝のアクセスや見どころ、「凍結」チェックができるライブ…

  6. 上野公園の地図やイベント

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧