熱海の花火や海など見所や観光地図と温泉やグルメ情報

熱海の観光地図

熱海はJRでアクセスする人が大半だと思われます。そのせいか、熱海の観光地図はJR熱海駅から熱海銀座の一帯にかけてがメインとして描かれているものが少なくありません。土産屋やレストラン、多くの文豪が愛したという銘菓も人気の商店街を抜け、サンビーチや寛一お宮の像があり、少し歩いて秘宝館という感じです。

熱海・貫一お宮の像

観光地図で中心部から北に目を向けると伊豆山温泉があり、観光名所の走り湯は日本三大古泉の1つです。伊豆山神社は源氏の守護神で、伊豆の地名の由来となった神社です。
観光地図を南にたどると、断崖がみごとな景勝地・錦ヶ浦は、熱海城がランドマークです。天守閣の展望台から市街や相模湾が一望できます。さらに地図で南へいくと、人気の長浜海水浴場がある多賀、ひもの銀座で有名な港町・網代があります。
熱海温泉ホテル旅館協同組合の公式サイト「熱海温泉お宿ナビ」には、「熱海観光地マップ」というページがあり、Google Maps上に観光地のアイコンが記され、そこをクリックすると詳細が見られる仕組みになっていて便利です。

また、観光地図では別枠の扱いで本土から高速船でのアクセスルートしかありませんが、熱海起点で行ける初島も見逃せない観光スポットです。

初島と熱海を結ぶフェリー

周囲4kmのこじんまりとした島は、首都圏から近いのに南国ムード満点です。



スポンサーリンク

熱海駅は熱海観光の玄関口

熱海駅

JR熱海駅は、熱海観光の拠点、玄関口として重要な場所にあります。在来線は、東海道本線・伊東線
の分岐点となっているほか、新幹線の駅もあり、東京圏や名古屋圏からのアクセスに便利です。
熱海駅は、伊東線に乗って約3分で来宮駅にアクセスできる場所にあります。JR東京駅からの所要時間は、新幹線「ひかり」で約35分、「こだま」で約50分、在来線特急は「踊り子」で約1時間20分です。
熱海駅に直結の駅ビル「熱海ラスカ」には、観光案内所やレンタカーの店舗もあります。熱海駅から市街へは、平和通り・仲見世通りの2商店街があり、食事処や土産物店が軒を連ねています。駅前広場では、無料の足湯「家康の湯」が人気です。

観光の定番になった熱海の花火

熱海の花火

熱海海上花火大会は1952年から始まり、今では年間で約13回も開催されるほど定番イベントとなっています。三方を山で囲まれ、一方が海に向って開いている地形のため、抜群の音響効果が観光客のハートわしづかみにします。
熱海海上花火大会は、海沿いから山間の宿など、花火は市内各地から見物できます。親水公園は特等席といってよく、10km離れた初島からもよくみえます。7・8月限定で、レインボーデッキに有料の観覧席が設けられます。
熱海海上花火大会は、とくに夏季は大変に混雑するので、当日は17時くらいまでに現地入りをするのがおすすめです。また、駐車場は収容能力に限界があるので、アクセスには電車を使うのが賢明です。

熱海の観光ランキング

いろいろな観点のランキングがありますが、JR駅周辺が中心になっているからか、熱海の観光ランキングは駅周辺から熱海銀座にかけての地域が、上位にランキングされています。サンビーチ、寛一お宮の像、熱海銀座は超定番、大正ロマンあふれる起雲閣(きうんかく)も人気です。

●サンビーチ

●寛一お宮

●熱海城

●熱海の夜景

観光ランキングでは、熱海城も常連です。海抜160mの天守閣の展望台からは市街や相模湾のパノラマが見渡せます。お城からバスで4〜5分で、花の楽園と評判のアカオハーブ&ローズガーデンにアクセスできます。
観光ランキングでは、初島も上位にランクインしています。本土側の港から高速船で約25分かかりますが、首都圏から一番近い離島リゾートは一見の価値があります。
観光ランキングでも大人気なのが、海上花火大会です。夏を中心に年に13回も開催され、目の前の海から上がる花火と、山から跳ね返ってくる大反響音とのコラボは迫力満点です。よそではまず体感できない迫力は、いちど体験したら病みつきになるほどです。



スポンサーリンク

なお、「じゃらん」の「熱海の観光スポット・シニアにオススメランキング」は以下のような表示になっています。

1位 来宮神社の大楠
2位 MOA美術館
3位 来宮神社
4位 伊豆山神社
5位 熱海温泉
6位 起雲閣
7位 熱海サンビーチ
8位 熱海梅園
9位 アカオハーブ&ローズガーデン
10位 渚親水公園・ムーンテラス

来宮神社

来宮神社の大楠の木・熱海樹

熱海樹齢2000年と伝えられる古木は、熱海市の来宮神社の境内にある大楠の木です。パワースポットとしても超有名で、心願成就・健康長寿のご神木として、いにしえより信仰を集めてきたのです。ちなみに、古くは「来宮」でなく「木宮」と書かれることが多かったようです。
熱海樹齢2000年の大楠は、来宮神社の境内の奥のほうにあります。願い事があって、だれにも言わずにご神木の幹を1周すると願いが叶うと伝えられています。幹を1周するだけで寿命が1年伸びるとの言い伝えもありパワースポットとして口コミで評判になっているのです。
熱海樹齢2000年のご神木は、夜間のライトアップも見ごたえ十分です。ライトアップには160のライトが使われ、草木に宿る木霊(こだま)を表しているといい、幽玄の世界へ誘われていきます。大楠の横では川のせせらぎが彩を添え、太古の昔から連なる大自然の営みに感動必至となるでしょう。

熱海梅園

 

東洋のナポリ・熱海の海

熱海は、山が海に迫った風光明媚な温泉地で、東洋のナポリの別名もあります。実際、イタリアのリゾート都市・サンレモと姉妹都市提携を結んでいます。

熱海は温泉と海水浴が同時に楽しめる場所ですが、とくに平成に入ってから、地中海を意識して整備が進められている節があります。ちなみに、熱海サンビーチには、日本各地によくある「海の家」はありませんが、男女別になったコインロッカーが利用できるので不便はとくにないでしょう。
熱海は、近隣の島々と船便で結ばれていて、海上交通の拠点ともなっています。10kmはなれた初島へは富士急マリンリゾートの船で、大島へは東海汽船の船で、それぞれアクセス可能です。



熱海の温泉はちょっとしょっぱい?

熱海温泉は、奈良期の8世紀ごろの開湯と伝えられる古湯として有名です。徳川家康に愛されたことでも有名で、江戸期には「御汲みの湯」として江戸城に運ばれ、将軍に献上されたほどの名湯でもあります。
熱海温泉は、泉質が塩化物泉・硫酸塩泉となっています。海に近いことから、成分に塩分やカルシウムが多いのも特徴的です。温泉の効能には、神経痛や疲労回復などがあげられます。高い保湿効果とお肌の引き締めで、美肌効果も期待できるとあります。
熱海には海沿いから山間部のエリアにかけて、温泉宿がたくさんあり、オーシャンビューのホテルも人気があります。駅前広場には足湯もあって、観光客も含めて無料で利用できます。

熱海は日帰り温泉も便利

熱海は伝統と格式が重んじられる一方で、日帰り温泉OKの宿泊施設も多くあります。海上花火大会や梅まつりなど、イベントで来た観光客もお手軽に、ちょっとしたリラクゼーションタイムとなってくれます。
熱海では現在、多くの旅館やホテルで、日帰り温泉サービスを実施しています。中には、日航亭大湯はじめ、日帰り温泉がメインの施設もあるのです。比較的近い場所にあり、アクセスにも便利なことから、とくに首都圏からの客が多いといいます。
日帰り温泉は、熱海では1000〜1500円の料金が相場となっているようです。営業時間は9〜20時くらいが主流ですが、宿泊がメインの施設では、13時〜15:30などとやや短めです。

熱海のホテルランチ

熱海の高級ホテルは泊まるとなるとそれなりのお値段になりますが、ホテルランチなら手軽にその雰囲気を味わうことはできます。立ち寄り大歓迎のホテルレストランはじつは多く、むしろ観光の目玉となってくるくらいです。
熱海のホテルランチといえば、「KKR HOTEL ATAMI」はリーズナブルなイメージで人気です。ランチタイムは大体11:30〜14時、月火休のパターンが多いようです。
ホテルランチは、熱海後楽ホテルの「TOP・OF・ATAMI」も人気があります。アカオリゾートのイタリアンレストランは南欧ムード満点で、ミュージアムレストランは相模湾を望みながら優雅にランチができる趣向です。
熱海観光では、ホテルランチの人気の高まりを受けてか、一部の老舗旅館でもランチを提供している施設が出てきています。宿泊は無理という人でも、ランチだけの利用なら憧れの高級旅館のセレブ感にどっぷりと浸れることでしょう。

また、熱海駅から熱海銀座通りをサンビーチまでぶらぶら歩く途中にもグルメスポットがたくさんあります。
熱海温泉の老舗旅館「法悦」がアップしている動画をご覧ください。電車で熱海に行く人の多くがここを通るはずです。

熱海のグルメ・名物やシーズン

熱海は、網代や伊豆多賀から水揚げされた新鮮な魚介類が簡単に手に入ることから、海鮮グルメが名物となっています。冬の金目鯛など、旬の時期をしっかりチェックして楽しむのが、通好みのスタイルです。

熱海の金目鯛

熱海の海鮮グルメは、定食や海鮮どんぶりが超定番で、生きのよさが身上です。熱海銀座や駅前の商店街には、おいしい海鮮料理がリーズナブルに堪能できる名店が集結していて、観光の楽しみともなっています。

熱海の海鮮丼

熱海は、昔ながらの洋食も超定番グルメとなっていて、文人が愛した名店など昭和レトロの世界に浸れます。静岡県産のポークを使ったカツカレー、トロトロのビーフシチュー等々、リピーターも多い人気メニューにあげられます。

熱海の天気の注意点は?

熱海の天気は、年間を通じて温暖といわれていて、雨も全国平均並みといいます。冬でも氷点下になることは非常にまれなことで、東京などと比較すれば例外的に恵まれているといえます。
熱海は、天気のいい日が多いといいますが、観光で訪れるとすれば油断は禁物です。夏でも夜間は、気温が下がることが多いので、海上花火大会を見物に訪れる場合など、上に薄手のカーディガンなど、はおるものがあると大安心です。
熱海の天気は、冬でも温暖ということで、1月下旬に始まる「梅まつり」で一足早く、春の訪れを楽しむことができます。ただ、暖かい日でも少し海風が吹けば寒いには違いないので、コートやマフラーで防寒対策をとる必要はあります。

関連記事

  1. 青森観光

  2. 上野公園の地図やイベント

  3. ディズニーの混雑予想のカレンダーやリアルタイム混雑情報とファ…

  4. 高千穂峡へのバス・電車でのアクセスやボート・宿泊・駐車場など…

  5. 南海バスの時刻表や路線図と料金表

  6. ウィラーの高速バスや夜行バス



最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お得なツアーを検索

ANA・JAL・LCC全9航空会社、全国140社の高速バス、300以上の施設から検索できるお得な旅行パック。

 

最近の記事一覧