スポンサーリンク


全日空ANA・SKY・WEBとANAマイレージクラブ、マイレージ事後登録や国際線の座席や運行状況

全日空とは

ANAと呼ばれることも多い全日空ですが、いずれも全日本空輸株式会社の略称です。
開業の経緯から国内線に強く、国内線では最大の路線網を持っています。
たとえば、羽田空港における発着枠のシェアでは約6割を占めるほどです。国内キャリアでは、全日空は最大級といってもよく、国内線に強いイメージが強いのですが、国際線としても今では世界各地で存在感を放っています。
全日空は、各種キャンペーンで料金がお得になるのがうれしいポイントです。21日前までの予約で割引料金、直前でもお得になる料金プランなど、LCCとは違った意味でお得感を誘います。
全日空は自前で旅行会社ももっていて、国内・海外ツアーまで手がけています。さらにホテルも経営していて、東京・赤坂の全日空ホテルはかいわい随一の高級ホテルとして有名です。

ANAマイレージクラブのカード

ANAマイレージクラブのカードは、ANAにちょくちょく乗ってマイルを貯めたい人ご用達となっている感があります。ネットで簡単に申し込めるうえ、入会金・年会費が無料というお手軽さも受けている模様です。
ANAマイレージクラブは、提携パートナーが発行したカードに組み込むこともできます。JCBやみずほ銀行など、ショッピングその他でマイルが貯めやすいのがメリットです。
ANAマイレージクラブは、カードと楽天Edyなどの電子マネーをセットにする使い方もあります。ヤマダポイントと互換することも可能で、提携先でのショッピングや食事がマイル獲得につながるわけで、メリット大のキャリアといえます。

ANAマイレージクラブのマイル確認

ANAマイレージクラブのカード会員は、公式サイトでマイル確認ができます。会員ログイン後に、「マイル口座確認照会」にアクセスすれば残高が瞬時にわかる仕組みです。
ANAマイレージクラブのマイル確認は、スマホやiPadを使ってもできます。専用アプリをダウンロードして起動させるだけで、いつでもどこでも楽々確認できるのがメリットです。
マイル確認は、ANAマイレージクラブ公式サイトとメールのやり取りをすることでもできます。システム上、郵送では「ステートメント」サービスで確認ができますが、手数料として1回の利用で500マイル差し引かれるうえ、利用は会員でも年間で4回までに限定となっているので要注意です。

ANA SKY WEBでマイルを貯める

ANA SKY WEBとは、全日空/ANAが運営する会員制のWebサービスです。
貯まっているマイルの確認や特典航空券の予約や購入が行えます。
サービス画面に入るには、ログイン画面でお客様番号とパスワードを入力する必要があります。お客様番号は通常、ANAマイレージクラブの登録カードに記載されています。
会員メニューでは、住所変更やメールアドレスの変更といった会員情報の管理の他、予約情報の確認や変更なども可能です。

また、ANA SKY WEB TOURは、ANA SKY WEBを利用したオンラインの予約サービスで、航空券やホテル、国内・海外のツアーなどの検索・予約が自宅ででき、オンラインの旅行代理店のような使い勝手ができます。
ANA SKY WEB TOURでツアー予約するとマイルが貯まりやすいだけでなく、サイト内では「航空券+宿泊「旅作」」のパックツアーやWeb限定ツアーの提案があったり、情報を見るだけでもけっこう楽しめます。もしANAカードを持っていれば、ANAの国内ツアー・海外ツアー(ANAスカイホリデー・ANAハローツアー、ANA大人のゆとり旅、ANAワンダーアース)を 表示金額の5%OFFで利用できるのもメリットです。

全日空マイレージの事後登録

ANA SKY WEBを使えば、全日空のマイレージの事後登録もできます(期間に限りがあります)。システムがダウンしていたなどの理由で登録できなかった場合でも、マイレージを無駄にすることはありません。
ANA SKY WEBを使わなくても、全日空のマイレージを事後登録するには、電話・郵送の方法があります。いずれも、「お客様番号」の入力・記入が必要になる点は要注意です。全日空のマイレージで、事後登録は搭乗日から3日めから6ヶ月以内に行うことと定められています。事後登録はアプリをダウンロードすれば、スマホでもできます。

全日空の国際線

座席の予約

国内線のイメージが強いANAですが、今では、国際線でも大きな地位を確立しています。
もちろん座席はファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスの区別があり、通常、座席指定は出発48時間前まで、インターネットで行えます。指定の対象外でも、通路側・窓側のリクエストには応じてくれるケースはあります。
全日空の国際線には、「プレミアムエコノミークラス」があります。これはエコノミークラスのひとつ上のクラスで、足元が多少ゆったりめで多少乗り心地がよくなっています。

国際線の運行状況

全日空の国際線の運行状況は、空港に問い合わせるなどで確認できます。ですが、パソコンやスマホのネット検索は、さらにお手軽なチェック方法にあげられます。
全日空のホームページにある「フライトステータス」は、国際線の運行状況を表示するコンテンツです。運行状況はリアルタイムで表示され、世界のどの空にあっても自宅で追跡できます。
全日空のフライトステータスは、国際線のすべて、または特定の便の運行状況を追跡できます。欠航や遅延などの情報も、速攻で反映されるのがメリットです。このサービスも前述のANA SKY WEBで提供されますが、この場合は会員ログインは不要です。

ANA SKY WEB国際線運行状況はこちらリンク
国際線運行状況はこちらリンク

スポンサーリンク


関連記事

  1. 函館空港の運行状況やバスでのアクセス

  2. エアドゥ/AIRDOの予約や運行状況

  3. 成田空港の最新ガイドブック!アクセスや駐車場と各ターミナル(…

  4. 新千歳空港へのアクセスや駐車場とグルメ&ホテル事情

  5. ジェットスター/Jetstarの予約確認や時刻表

  6. ハワイアン航空のマイレージと気になる機内食や座席

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク

最近の記事一覧