Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フライステーションでインドアスカイダイビングを体験するには

インドアスカイダイビングとは

ちまたで評判のインドアスカイダイビングとは、屋内で空中遊泳が楽しめる新感覚のスポーツです。
風洞の中に人が入り、下から強風を吹きあげ、体を浮き上がらせる仕組みです。
インドアスカイダイビングでは、風洞の下部から時速200km以上と、新幹線並みの強風を吹きつけます。
遊泳時間1〜2分程度で、芦田愛菜もはまっているとの噂があります。
インドアスカイダイビングがはじめての人は最初にレクチャーがあり、はじめは「ベリー」の体勢で、腹ばいになって遊泳することを覚えます。
慣れてくればインストラクターの付き添いで、10m以上も飛び上がる「タクシーフライ」が楽しめるかもしれません。
スポーツとしても認知されており、フリースタイルパフォーマンスなど世界大会も開かれているようです。

インドアスカイダイビングの施設

インドアスカイダイビングは屋内で、「ウインドトンネル」という施設で空中遊泳をするスポーツです。
数mの高さで遊泳するに過ぎないので、高所恐怖症の人でも安心して楽しめる施設といえます。
インドアスカイダイビングは、屋内に高さ20mほどの透明なチューブ状の施設があり、下から200km/hと新幹線並みの速さで送風し、人を数m浮かせる仕組みです。床はトランポリン状のネットとなっていて、万が一落下しても安心です。
インドアスカイダイビングは、2013年にロシア・サンクトペテルブルクで、世界初の施設がオープンした歴史があります。日本では2017年、埼玉県越谷市に本邦初の施設がオープンし、新名所となっているのです。

インドアスカイダイビングの料金

インドアスカイダイビングは、料金が高いとのイメージが強いようです。
たしかに、2フライト(2分程度)で1万円からの料金はセレブ級でしょうが、屋外のスカイダイビングと比較すれば数分の1程度です。
インドアスカイダイビングは、病みつきになる人は多いようで、1日で10万円ほどの料金に達するケースもあります。料金にヘルメットやゴーグルのレンタルがついているかも要確認で、タクシーフライはたいてい別料金です。
インドアスカイダイビングは、金のかかるスポーツとして定着していますが、バースデー割引などを利用し、全体の費用を浮かすことはできます。またクーポンや回数券で、割引料金というウラ技もあります。

インドアスカイダイビングの体験ができるフライステーション越谷レイクタウン

2017年4月オープンのフライステーション越谷レイクタウンは、日本初のインドアスカイダイビングが楽しめる施設です。
高さ19.8m、直径4.5mの「ウインドトンネル(風洞)」に入って空中遊泳を楽しめます。
営業時間は9〜22時、年中無休、35台分の駐車場も完備しています。
フライステーション越谷レイクタウンは、ショッピングセンター内にあるわけでない点、要注意です。
越谷レイクタウンとはあくまで最寄り駅であり、最寄り駅からの所要時間は徒歩10分くらいです。

動画を見ると、女性や子どもも気軽に楽しめている様子がよくわかります。
家族連れのレジャーとしても楽しそうですね。

フライステーションの料金

一般キッズバースデー
平日¥4,500¥4,200¥4,300
休日¥5,000¥4,700¥4,800

上記には以下の料金も含まれています。

装備品レンタル
事前講習
フライト体験
フライト証明書の進呈

フライステーションの割引チケット

フライステーションの料金は、インドアスカイダイビングの1フライト(1分)あたり4500円からとあります。
子ども(4〜15歳)は300円引きの割引料金となっています。3歳以下の乳幼児は、受け付けていません。
フライステーションは、バースデー割引で、誕生日に来館すると料金が200円割引になります。
割引は、1人でも条件を満たす人がいれば、グループ全体に適用されるのがミソなのです。
フライステーションでは「フライトギフト券」も販売していて、グループでシェアしたり、回数券感覚で割引にしたりなどの使い方ができます。
また、クーポンサイトなどを利用して、割引料金でインドアスカイダイビングを楽しむというウラ技もあります。おすすめなのがアソビューというサイトです。

「アソビュー」とは、「日本一のオンラインテーマパーク」を謳っているチケット予約サービスで、その年間利用者数はあのディズニーランドを上回るほど。そのメリットは以下になります。

①「asoview! アソビュー」は最安値保証をしている
=つまり他のどこで手配するよりも安い

②「asoview! アソビュー」は電子チケットを導入している
=つまり並ばずにスムースに入場できる

soview! アソビューが最安値保証する
クーポン情報はこちらから
クリック!

最安値保証について
※アソビューの最安値保証は、同じレジャー会社が提供プランが体験内容、利用日、参加条件、キャンセル規約などの基本情報が完全に一致しているプランが、他サイトでアソビューよりも安い価格で提供されていた場合に限り、予約・購入時の備考に詳細を伝えれば同一価格とします。ただし、比較する料金は世の中で誰でも確認できる一般公開したプランのみが対象となります。

フライステーション越谷レイクタウンのアクセス

JR越谷レイクタウン駅

R 越谷レイクタウン駅から徒歩12分。ショッピングモールの中にあるわけではないので、注意してください。

無料駐車場も完備しているので、車でのアクセスもオッケ~です。

フライステーションの仕組みと今後

埼玉県越谷市に初上陸した、フライステーションとは、インドアスカイダイビング(屋内でのスカイダイビング)が楽しめる施設です。
透明なウインドトンネル(風洞)の中に人が入り、下からの超強風で空中遊泳ができます。
フライステーションのウインドトンネル内では、下から最大で時速360kmの強風が突きつけます。
風速は飛行者の体格にあわせ、コンピュータ制御される仕組みです。
フライステーションのインドアスカイダイビングは、4歳から参加OK、体重は120kg以下であれば可としています。
ウインドトンネルの床は、トランポリン状のネットなので落下しても大丈夫です。
今後は、東京、大阪、横浜、千葉などでも開業予定とのことで、将来も楽しみです。

フライステーションの口コミ

フライステーションについて、日本でインドアスカイダイビングが楽しめるのがうれしいとの口コミが本当に多くあります。宙を舞う快感はまた格別のようで、最高の経験ができたなどの口コミが、体験談として多数寄せられています。
ただ、フライステーションは料金が高いとの口コミも少なからずあります。たしかに2フライトで9000円からとセレブご用達といった感じですが、バースデー割引などで多少の値ごろ感は引き出せます。
フライステーションのインドアスカイダイビングは、体重120kgまでなら大丈夫なのがいいとの口コミも多く寄せられています。また、4歳以上であれば子どもOKとのことで、家族連れにぴったりと大好評なのです。

 

インドアスカイダイビングの服装

インドアスカイダイビングは、屋内で空中遊泳を楽しむスポーツです。施設内では基本的に、必要なものはレンタルできるので、現地ヘは普段通りの服装で行ってもOKです。
インドアスカイダイビングの服装については、屋外でするスカイダイビングに準ずるとみて間違いありません。フライトに適した服装として、専用フライトスーツ、ヘルメット、ゴーグル、シューズなども必要でしょう。
ただし、インドアスカイダイビングの服装は、ほとんどの場合レンタルができます。専用フライトスーツやヘルメットなど、服装に合わせて着替えに時間がかかるので、予約した場合は指定時刻の30分〜1時間前に到着するようにすると大安心です。



広告