スポンサーリンク


博多観光のモデルコースやスポットランキングと博多どんたく

博多駅

福岡のというより、九州の陸の玄関口として、博多駅は堂々たる存在感があります。JR新幹線・在来線・市営地下鉄をたばね、九州新幹線が全線開通してからはさらにパワーアップした感があります。
博多駅では、九州新幹線の完成に合わせ超巨大な「JR博多シティ」が完成し、早くも人気スポットとなっています。東急ハンズや阪急百貨店も入居し、九州の最新トレンドの発信源でもあります。1階には土産店やレストランが集結し、観光客にも大人気の場所です。
博多駅周辺はすっかりオフィス街ですが、那珂川にかけての一帯に、かつての商人町の風情が残っています。下町情緒とオフィス街からなるカオスがまた、歴史ある町の魅力なのです。

スポンサーリンク

博多観光

博多駅周辺はビルだらけですが、那珂川にかけて櫛田神社、空海ゆかりの東長寺など、観光スポットが点在しています。古くから商人町として栄えた長い歴史があり、うどん・まんじゅう・お茶の発祥地としても有名です。
博多祇園山笠は、観光客にも人気の福岡最大のイベントです。法被姿の粋な男たちが、山笠をかいて町中を疾走する勇壮な光景は圧巻で、毎年7月1〜15日は町が山笠一色になります。
近年、那珂川のほとりに「キャナルシティ博多」が出現し、国内・海外の観光客でにぎわっています。広大な敷地に、レストラン・映画館・劇場・2つの大型ホテルなどがあり、1つの町のようになっていて、噴水ショーなどのイベントも人気です。

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多内に、キャピタルシティ博多ワシントンホテルがそびえています。那珂川沿いの超巨大なモールは、観光客や地元民でにぎわっていますが、ホテルの内部に入れば高級感ただよう静寂の世界に包まれます。
キャナルシティ博多は、シングルルームから家族での利用にぴったりな「フォース」まで、さまざまなタイプの部屋のラインナップがあります。ホテルでは全室でインターネットが利用できるのも、うれしいポイントにあげられます。
キャナルシティ博多へのアクセスは、博多駅前を発着する「100円巡回バス」の利用が大変便利です。車でのアクセスには、ホテル付属の有料駐車場が利用できます。

スポンサーリンク
博多観光ランキング

「じゃらん」ではいろいろなランキングを掲載していますが、「口コミ評価」が算定基準だけにそれなりに参考になります。いろいろな切り口がありますが、ここでは、「博多駅周辺の観光スポット・友達にオススメランキング」という検索結果をご紹介します。

1位 JR博多シティ
2位 博多駅
3位 大濠公園
4位 のこのしまアイランドパーク
5位 マリンワールド海の中道
6位 福岡市動植物園
7位 天神地下街
8位 海の中道海浜公園
9位 マリノアシティ福岡
10位 無印良品キャナルシティ博多

スポンサーリンク

博多観光のモデルコース

博多観光の定番のモデルコースとくれば、中洲川端がメインになります。たとえば地下鉄空港線「中洲川端」駅から、博多川端商店街、櫛田神社、「博多町屋」ふるさと館、東長寺をめぐるコースで、歴史と文化を体感できます。
夜の博多観光は、屋台めぐりで決まりです。モデルコースとしては、九州一の歓楽街「中州」、好アクセスがメリットの「天神」、替え玉ラーメン発祥の地「長浜」が、3大屋台エリアにあげられます。
博多観光では、金印で有名な志賀島めぐりも、おすすめモデルコースです。博多ふ頭から市営連絡線で30分あまりでアクセスでき、標高45mの潮見公園からは、海の中道や博多市街のパノラマを一望できます。
また、通常の「定番」とは違うかもしれませんが、「ヒルナンデス! 2017 02 27 福岡出身芸能人プレゼンツ~新定番巡るンデスin博多」という動画がいろいろと参考になります。

博多どんたく

博多観光のハイライトは、博多どんたくで決まりということに異論はないでしょう。
博多どんたくは福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りです。
動員数は日本の祭りとしては最大級の200万人以上を誇る大イベントです。
1179年に始まった松ばやしが起源で、現在「博多どんたく港まつり」として、市民参加型の一大イベントに進化しています。
博多どんたくは戦時中は中断されましたが、1949年に再開されその後手直しを経て現在に至っています。選択無形文化財の「博多松囃子」は、とくに見ごたえがあります。
博多どんたくは5月2日の前夜祭に始まり、3日の「どんたくパレード」は多くの観光客でごった返します。4日はマーチングパレード、夜18時以降は飛び入り参加OKの「総おどり」で、博多の街が最高に盛り上がる瞬間となります。

博多・中洲のイベント

博多・中州は博多っ子の遊びスポットでもありますが、福岡もとい西日本一の繁華街で大人気観光スポットでもあります。東京・歌舞伎町、札幌・すすきのとともに、日本三大繁華街に数えられることも多いのです。
中州の夜は、那珂川沿いに多数の屋台がズラリと並んださまは壮観で、博多の風物詩となっています。中州まつりで繰り出す女みこしなどのイベントも、観光名所に彩りを添えています。
夜の観光といえばもうひとつ、「中洲博多舟」は30年以上の歴史がある大人気の屋形船です。要予約の屋形船ですが、屋台街など夜の幻想的な風景が好評を博していて、最近では口コミで外国人観光客にも人気急上昇中とのことです。



スポンサーリンク


同じジャンルの記事

  1. 霧島の観光スポットや温泉と霧島山・火山のライブカメラ

  2. 隅田川クルーズや花火に桜の花見など彩色豊かな観光について

  3. 西郷隆盛・西郷どんを巡る旅

関連コンテンツ

スポンサーリンク
  1. 秋葉原観光の見どころやイベントと便利な観光地図

  2. グーグルマップ

  3. 箱根登山鉄道の時刻表や路線図、人気のあじさい電車

  4. レゴランド名古屋・大阪・お台場の情報や料金について

  5. JR九州の路線図や時刻表と運賃一覧表

  1. 乗り換え案内・Yahoo!やジョルダンなど無料の検索サービス

  2. 東京国立博物館の営業時間やアクセスと展示物の見どころ

  3. 東京メトロの路線図や定期券とお得な一日券

  4. 西武バスの時刻表や路線図、運賃や定期代について

  5. 阪急電車の使いやすい時刻表や路線図

スポンサーリンク