スポンサーリンク



小田原城のアクセスや料金など施設案内と便利な観光アプリ

小田原城は神奈川県小田原市に存するお城で、築城は1417年、戦国時代と呼ばれる時代の最中に建てられました。
戦国武将として名高い北条氏の本拠地として知られ、名将として有名な上杉謙信や武田信玄の攻撃をも耐え抜いたことから、「難攻不落の城」とも称されます。
1590年、天下統一を目前にした豊臣秀吉による圧倒的な物資と軍隊による攻撃に対し、籠城戦で対抗。最後は無血開城となりましたが、城が戦いによって落ちたわけではなく、その「難攻不落」ぶりは今なお伝えられています。

小田原城のアクセス

小田原城は、小田原駅からも見ることができます。もちろん歩いてアクセスすることもでき、徒歩約10分ほどで城に付きます。
車の場合は、小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分、西湘バイパス「小田原IC」から約5分、東名高速道路「大井松田IC」から約40分といったところで、箱根観光の足がかりとして立ち寄る人も少なくありません。

小田原城の観光アプリ

小田原城では天守閣でアプリをダウンロードしておくと、城内を歩きながら、その展示物についての解説を音声で行ってくれます。
もちろんアプリは無料で、言葉も日本語だけでなく英語などにも対応しています。

小田原城の料金

小田原城のチケットは天守閣、常盤木門、歴史見聞館、本丸広場券売機にてご購入可能です。

 項目 一般 小・中学生
天守閣 500円 200円
常盤木門 200円 60円
小田原城歴史見聞館 300円 100円
天守閣・常盤木門 2館共通券 600円 220円
天守閣・常盤木門・小田原城歴史見聞館 3館共通券 700円 250円
スポンサーリンク


関連記事

  1. 札幌の観光スポットや名所ランキングと見どころ

  2. 博多観光のモデルコースやスポットランキングと博多どんたく

  3. 天橋立へ京都・大阪からのアクセスや天橋立ホテルの駐車場とおす…

  4. 太宰府天満宮のアクセスやお守りと「飛梅」のライブカメラ

  5. 袋田の滝のアクセスや見どころ、「凍結」チェックができるライブ…

  6. 神社のお参り方法や人気の開運スポット

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧