スポンサーリンク



東武動物公園のイベントや開演時間・休園日、料金や割引制度について

東武動物公園の開園時間や休園日

東武動物公園の開園時間は、ホームページでスケジュールを把握することができます。開園時間は多くの場合9:30〜17:00となっていて、日曜日は隔週で9:30〜20:00などと変則的になります。
開園時間中でも動物の習性上、動物によっては活発に動いていたり、反対に睡眠中なのかジッとしていたりしています。ただ遊園地やプール(夏季限定)は、開園時間中はフルに営業しています。



スポンサーリンク

東武動物公園の休園日は、6月の月曜日、12〜2月の月・火曜日です。ほかに、臨時で休園日になることがあるので、行く前にホームページで確認しておくと安心です。
なお、日によって異なる営業時間や休館日などがあらかじめ書き込まれたスケジュールカレンダーが公式サイトに掲載されています。以下のような感じです(キャプチャー画像です。この画像から本サイトへリンクされています)。

東武動物公園の料金や割引

入園料だけでも、東武動物公園の料金は、大人1700円・3歳以上の子ども1700円で、65歳以上はシニア料金で1000円の割引料金です。障がい者手帳の提示で「障がい割引」が受けられ、付添人1人も割引料金で入園できます。
東武動物公園の料金は、遊園地も利用する人に1日乗り放題の「ライドパス」を使うとリーズナブルになります。入園料に、大人3300円など追加料金をプラスするだけで、絶叫コースターの数々を堪能できます。
また、最初から遊園地にも行くと決まっていれば、入園料込みの「ワンデーパス」が断然お得です。大人4800円・子ども3700円で、アトラクションを遊び倒すことができます。



スポンサーリンク


そして、プールのほうも要チェックです。大人2400円・子ども1100円などで、流れるプールやウェイブプールなど、埼玉にいながらちょっとしたリゾート気分が味わえる趣向で、シーズン中プールが目当てでやってくる人も多くいるということです。
割引チケットについてですが、ローソンなど須臾なコンビニエンスストアで購入できる前売り券を入手すれば割引料金で入場できます。

他にも「鉄道セット券」といって、「鉄道往復乗車券+バス往復乗車券+入園料(園内バス「アニ丸ぶーぶー」乗り放題)」がお得料金でセットになったチケットもあります。詳細はこちら=リンク



東武動物公園の施設やイベント

東武動物公園の施設で、メインはやはり動物園です。ホワイトタイガー、アムールヒョウ、レッサーパンダ等々希少動物の宝庫で、約120種1200頭の動物に出会えるとあって、動物好きにはたまらない場所となっています。
そして、遊園地も手ごたえ大の陣容です。水上木製コースターはじめ絶叫マシーンが人気で、観覧車やメリーゴーランドなどのほのぼぼ系まで、1日たっぷり楽しめる施設です。
東武動物公園の施設で要注目なのが、東武スーパープールです。流れるプール、急流すべり、ウェイブプールなどが人気で、リゾートへ行ったような充実体験ができる施設なのです。
基本的に、東武動物公園は特別なイベントがなくても十分楽しめますが、イベントがあれば楽しさは倍増。実は、動物のエサやり、かわいい動物とのふれあい体験ができるイベントなどたくさんあるのです。期間限定、あるいは期日指定のイベントが多いのですが、これまであったイベントとしては次のようなものがあります。

・オールナイトZOO!
・ウルトラマンジードスペシャルショー
・仮面ライダーエグゼイドスペシャルショー
・それゆけアンパンマンショー
・ワンワンとあそぼうショー

最新情報は公式サイトでどうぞ=リンク

スポンサーリンク


関連記事

  1. 六甲山の観光マップやスキー場について

  2. 函館観光おすすめコースやランキングと観光地図

  3. 東京スカイツリーの営業時間や料金と見どころについて

  4. 奄美大島の観光スポットや全島マップとモデルコースについて

  5. 芝桜の名所や芝桜まつりと開花状況、そして自宅での楽しみ方

  6. 滋賀県の観光マップや人気の温泉

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧