Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

車のバッテリー上がり

  • 2018年1月10日
  • 2018年2月1日
  • 車/道路
  • 79view

バッテリー上がりの原因

車のバッテリー上がりの原因は、電力不足、自然放電、寿命の3点にまとまります。ライトのつけっ放しなどで電力を大量に消費すれば、スグに電力不足の状態になってしまいます。
長期間車に乗っていないことも、バッテリー上がりの原因になり得ます。バッテリーは長期間使わないことでも自然放電で電力が放電され、車にあまり乗らない人に多いケースです。冬期など、気温が低い状態も要注意です。
バッテリー上がりの原因は、バッテリー本体が寿命を迎えた可能性もあります。また短距離走行が多く、オンオフをひんぱんに繰り返すことでも、車のバッテリーが上がりやすくなる原因になるのです。

バッテリー上がりの対処

ドライブ中に、バッテリー上がりというアクシデントに遭遇すると、自動車保険やJAFのロードサービスで対処する人は多いでしょうが、たいてい1万円内外の料金がかかります。また自分で道具を購入して、自分で対処する方法もあります。
バッテリー上がりを自分で対処するというと、ブースターケーブルは定番のお役立ちアイテムです。ケーブルを通じて「救援車」と接続してからエンジンをふかし、不足した電力をシェアしてもらう仕組みです。
バッテリー上がりには、ジャンプスターターを使って対処することもできます。ケーブルを使いでエンジンをかけるだけで、救援車は不要ですが、場所をとるので保管が大変なのがデメリットです。



広告