Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

千葉のいちご狩りスポットとバスツアーや電車での行き方

千葉県がいちご狩りに最適な理由

千葉県はいちご栽培が盛んで、いちご狩りの人気スポットは県内各地に点在しています。栽培種は、ゆめのか、とちおとめ等々種類も豊富、2017年には「チーバベリー」という新品種が開発され、千葉の新名物となっています。
千葉県がいちご狩りに最適な理由として、好アクセスもあげられます。東京方面から1〜2時間でアクセス可能、日帰りでも十分楽しめます。県内には約100ヵ所のいちご狩りスポットがあり、東京湾アクアライン開通後は、南房総方面も人気急上昇中です。
千葉県には人気観光スポットが多数あり、いちご狩りと組み合わせて楽しめるのがメリットです。ランチに海鮮グルメ、帰りは東京ドイツ村のイルミネーションなど、楽しみ方はいろいろです。

千葉のいちご狩りスポット

千葉・南房総のいちご狩りスポット

千葉・南房総エリアは温暖な気候を生かし、いちご栽培も盛んです。各いちご狩りスポットのシーズンは、例年12〜5月と長期間楽しめるのがメリットです。
南房総のいちご狩りスポットは、館山・富浦・白浜のエリアにまとめられます。平成の大合併後、館山市と南房総市に再編され、東京湾アクアライン開通後は日帰りも可能となり、アクセスがさらに向上しています。
南房総のいちご狩りは、少し遠回りしてドライブも同時に楽しめます。県道257号線のドライブコースは別名「房総フラワーライン」と呼ばれ、「日本の道100選」に選ばれたほどで、早春から菜の花、ポピー、ストックなどの花々を車窓から観賞できます。

3選!南房総でおすすめのいちご狩りスポット
白浜いちご狩りセンター(たんぽぽ農園)
住所:南房総市富浦町白浜町白浜14736 電話0470-38-5145

料金:期間(2018年~2019年)大人3才~5才
12/22 ~ 1/141,800円1,600円
1/15 ~ 4/71,600円1,400円
4/8 ~ 5/61,400円1,200円

品種:おいCベリー、章姫(あきひめ)、紅ほっぺ(べにほっぺ)、かおり野(かおりの)
館山自動車道富浦インターから約20km、車で所要時間約30分。花と太陽と海女の街、白浜は野島崎灯台や白浜フラワーパークなど、行楽地がたくさんあります。

ファミリーファーム保田(房総タウン)
住所:千葉県安房郡鋸南町保田3039-1 電話0470-55-1809
料金:4/8まで小学生以上1,700円、4/9から料金変更
品種:章姫、紅ほっぺ
鋸南保田インター目の前でアクセス良好。近くには鋸山、鋸山ロープウェー保田海岸、鋸山、日本寺、浮島、ひるまが崎、水仙ロード、源頼朝上陸地の碑など観光地がたくさん。5月中旬までいちご狩りができます。
道の駅「白浜野島崎」
住所:千葉県南房総市 白浜町滝口9240 電話0470-38-5519
料金:3/31まで小学生以上 1,800円、4/1~5/7 1,600円、5/8〜 1,200円
品種:紅ほっぺ、かおり野、あきひめ、チーバベリー
房総半島最南端の「道の駅」の野菜直売所に隣接した場所にあるいちご狩り所。道の駅なので見つけやすい。5月中旬までいちご狩りができます。

千葉・成東エリアのいちご狩りスポット

千葉・成東エリアはほぼ山武市に相当し、県内有数のいちご産地として有名です。とくに国道126号線沿いにいちご狩りスポットが集中し、「ストロベリーロード」の異名があります。
成東エリアでは、相葉苺園は大人気のいちご狩りスポットで、8種類のいちごが楽しめるほか、イチゴ大福が名物となっています。ほかに、窪原苺園作田苺園も、好アクセスで人気のスポットです。
成東のいちご狩りスポットは、山武市成東観光苺組合が統括し、組合に加入しているだけでも約20園もあります。40分の食べ放題、料金などで統一し、エコファーマー認定を受けるなど品質にもこだわり、年間で約28万人が訪れるほどの人気スポットなのです。

山武市成東観光苺組合
住所:千葉県山武市津辺361番地13 電話0475-82-2071
料金

期間小学生以上4才〜6才3才以下
12月中旬 〜 1/42,000円1,600円500円
1/5 〜 3/241,700円1,300円500円
3/25 〜 4/61,500円1,100円500円
4/7 〜 5月中旬1,200円800円300円

品種:チーバベリー(旧称 千葉S4号)、ふさの香(ふさのか)、栃乙女(とちおとめ)、幸香(さちのか)、紅ほっぺ(べにほっぺ)、かおり野(かおりの)、章姫(あきひめ)、やよいひめ、桜香(おうか)、ゆめのか、クロイチゴなど20種類以上(各農園によって異なります)
アクセス
京葉道路
→千葉東JCT→千葉東金道→東金IC→国道126号線→成東(40分)
京葉道路→千葉東JCT→千葉東金道→山武成東IC→成東(30分)
京葉道路→千葉東JCT→千葉東金道→松尾横芝IC→成東(40分)
東関東自動車道/成田IC→芝山→成東(40分)
東関東自動車/佐倉IC→八街→成東(30分)
東京湾アクアライン→木更津JCT→館山道→千葉東JCT→千葉東金道→山武成東IC→成東(70分)
東京湾アクアライン→木更津JCT→圏央道→山武成東IC→成東(75分)

千葉市のいちご狩りスポット

千葉市は昔からいちご栽培が盛んで、いちご狩りスポットが観光農園として郊外部に点在しています。千葉市はいちご購入額・購入数量とも、つねに全国1位、2位にランキングされるほど市民に愛されています。
千葉市のいちご狩りスポットは、例年1〜5月がシーズンです。市内にある約10園はバリアフリー化が進み、車いすの人でも安心して楽しむことができます。
千葉市いちご組合連合会は、市内のいちご狩りスポットを統括し、JA千葉みらいなど関係機関とも連携しています。スーパーで販売されているいちごとは違い、都市部にあるメリットを生かし、採れたての完熟いちごが手軽に堪能できると大人気なのです。

3選!千葉市でおすすめのいちご狩り農園
みつばちファーム
住所:千葉県千葉市緑区平川町1292  電話090-3086-0330
料金:大人(小学生~) 1,500円~
品種:とちおとめ、かおり野、チーバベリー、紅ほっぺ
東金有料道路中野インターから車で約5分。車載のナビで見つからない場合は「平川集会所」で。5月下旬までいちご狩りできます。
ドラゴンファーム
住所:千葉県千葉市若葉区小倉町1458-3  電話043-235-3788
小学生~大人(6歳以上) 2,000円~(曜日によって料金が違います)
品種:あきひめ、アスカルビー、おいCベリー、おおきみ、レッドパール、かおりの、かなみひめ、さがほのか、とちおとめ、べにほっぺ、もういっこ、やよいひめ、よつぼし、ほしのきらめき、とうくん、チーバベリー、まんぷく
京葉道路・貝塚インターから車で約10分。モノレール「千城台北」駅からも徒歩圏内(約20分)。なにしろ品種が多いのが特徴。平日と土曜日は事前予約制なので注意。
観光農園がいやふぁーむ(旧 横田ファーム)
住所:千葉県千葉市緑区平山町1048 電話080-3096-3944
小学生以上 1,000円〜(時期によって異なります。5月7〜が最も安い1000円
品種:かおり野、やよいひめ、よつぼし、あきひめ、ホワイトプリンセス、紅ほっぺ等
千葉東金道路・大宮インターから約10分、園内の通路が広めなのでゆったりと品定めできます。5月中旬までいちご狩りできます。


千葉・八千代市のいちご狩りスポット

千葉・八千代市には、いちご狩りスポットが市内に点在し、穴場といってよいエリアです。要予約・予約不可の違いがあるので、開園日なども含めて出かける前に確認しておくと安心です。
八千代市のいちご狩りスポットで、やちよ農業流通センター内の「島田いちご園」は、シーズン中は土日祝に開園しています。
周郷農園 食の広場PIAZZA」は予約制で、地元産の野菜も安く購入できると人気の場所です。
八千代市のいちごスポットで一番人気といえば、「米本いちご園」で決まりでしょう。道の駅やちよふるさとステーションに隣接し、4種類のいちごが楽しめるうえ、アイスクリームコーナーのジェラートも人気です。

農事組合法人「米本 いちご園」
住所:八千代市米本4905-1 電話090-2461-4814
料金:1月7日~2月28日)1歳から小学生未満:700円、小学生以上1,500円
3月1日~3月31日)1歳から小学生未満:600円、小学生以上1,300円
(4月1日~4月30日)1歳から小学生未満:500円、小学生以上1,000円
品種:とちおとめ・章姫・紅ほっぺ・女峰・かおり野・やよいひめ
東関東自動車道千葉北ICより柏方面へ約30分、常磐自動車道柏ICより八千代方面へ約40分、道の駅やちよに隣接していて便利。新川沿いの桜や河津桜の花見も楽しめます。


千葉・柏エリアのいちご狩りスポット

千葉・柏エリアは、じつは東葛地域で最大のいちご産地です。いちご狩りスポットは、JR常磐線の駅近が多く、上野や北千住など、東京から楽々電車で行けるのがメリットです。
柏エリアのいちご狩りスポットでは、とちおとめ、章姫などの人気種が栽培されています。いちご狩りシーズンは例年1〜5月ですが、園により違いがあるので、ホームページや電話で要確認です。
きょうびは、各地のいちご狩りスポットは高設栽培がトレンドとなっているようですが、柏エリアでは、高濃度・大粒の完熟いちごを提供するため、土耕栽培が主流です。また、有機栽培を身上とするなど、味・品質にこだわりが強いのも特徴的です。

くらもち観光農園
住所:千葉県柏市布施下40-1  電話090-6515-1583
料金:小学生以上/1800円 3才以上/1500円 0才(歩けるお子様)/500円
品種;紅ほっぺ、章姫
アクセス:JR常磐線・東武線柏駅西口より布施弁天行き東武バス乗車、「寺山坂下」下車徒歩5分、終点の「布施弁天」下車徒歩10分 柏ICから車で約25分 6月中旬までオッケー
そのべ農園
住所:千葉県柏市布施下40-1  電話090-6515-1583
料金:1/5~5月下旬 大人1700円 小人1500円 3/1~4/7 大人1500円 小人1300円  4/8~5/10 大人1100円 小人900円 5/11~5月中旬 大人800円 小人600円
品種;紅ほっぺ、章姫
アクセス:我孫子駅・天王台・湖北駅より車で約15分 5月中旬までオッケー

千葉方面のいちご狩りバスツアー

千葉県内には、いちご狩りスポットが多数あり、シーズン中はバスツアーが盛んに催行されます。どんな田舎道でも絶対に道に迷うことなく、しかもベストタイミングで楽しめるのが、バスツアーのいいところです。
千葉方面へのいちご狩りバスツアーは日帰りコースが大半です。ツアー出発地は、千葉発、東京発、大宮発、横浜発などで、はとバスのコースにもラインナップがあります。
千葉方面へのいちご狩りバスツアーは、千葉県の人気観光スポットとセットになったコースも人気です。たとえば、マザー牧場に滞在し、帰りは木更津アウトレットに立ち寄り、日没後は東京ドイツ村のイルミネーション観賞など、ツアー客が喜ぶツボを押さえた内容となっています。

千葉方面へ電車で行くいちご狩り

千葉県内のいちご狩りスポットの多くは、東京から電車・バスで気軽に行くことができます。東京から片道1〜2時間程度の小トリップで、大粒の完熟いちごに舌鼓を打つことができます。
千葉のいちご狩りスポットで、柏方面は電車で行くのに便利で、千葉市内にも人気の苺園が点在しています。県内の観光農園は駅近が多く、好アクセスが身上です。
千葉のいちご狩りスポットは、電車で行くとしても本数が少ない路線がたくさんあるので、時刻表などで要確認です。乗り換えが必要なスポットも多く、たとえば君津市の「常住苺園」はJR木更津駅で久留里線に乗り換え、下郡駅で下車といった具合です。



広告