Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日の出桟橋

日の出桟橋のアクセス

東京港・日の出桟橋は、アクセスするにはゆりかもめ線・日の出駅が最寄り駅となります。新橋駅からゆりかもめ線に乗り、日の出駅を降りてから1〜2分で着きます。
ゆりかもめ線が開通する前は、日の出桟橋へのアクセスはJR浜松町駅から18分くらいかけて歩いていったものです。地下鉄の場合、都営浅草線・大江戸線の大門駅から、徒歩約15分です。
日の出桟橋に車でアクセスする人も多いのですが、桟橋に駐車はできないので、周辺の駐車場を利用することになりますが、少々不便な部分はあります。アクセスには公共交通機関の利用がおすすめですが、緊急の場合は駅からタクシーを使うのもアリでしょう。

日の出桟橋と周辺のマップ

▼東京都観光汽船の水上バスが発着するのは日の出桟橋(日の出客船ターミナル)の様子。

日の出客船ターミナルには、お台場海浜公園とを結ぶ「お台場ライン」、浅草への「隅田川ライン」、東京ビッグサイトへの「東京ビッグサイト・パレットタウンライン」が水上バスとして発着しています。また「御座船安宅丸」が出航するのも日の出桟橋です。

日の出桟橋の水上バス

東京の隅田川や東京湾など水辺には、水上バスが運行されています。水上バスはレッキとした公共交通機関ですが、観光客にも受けはよろしいようです。日の出桟橋が、ターミナルのようになっています。
日の出桟橋からは、水上バスを通じてウォーターフロントやリバーサイドなど東京の人気観光スポットと直通で結ばれています。浅草、お台場海浜公園、東京ビッグサイト、パレットタウンなどへ、ちょっとしたクルージングは東京の「水の都」としての一面をかいま見せてくれます。
東京の水上バスは、たとえば日の出桟橋-浅草間は所要時間が約40分・780円の運賃です。船旅は東京観光のアクセントにもよく、夏は納涼にも打ってつけです。



広告