上高地観光

上高地の観光

上高地エリアは、大正4年にできた大正池で超有名な観光スポットです。朝もやが立ち込める大正池はそれは幻想的で、それだけを見に訪れる観光客が後を絶たないほど人気があります。
上高地観光は、大正池をスタートして河童橋へ向かうのが超定番コースです。河童橋は全長36.6mの吊り橋で、穂高連峰や焼岳を望む絶景は、ガイドブックやパンフレットの写真によく使われているアングルです。
上高地へ観光へ来たからには、明神池も必訪スポットにあげられ、その奥の穂高神社奥宮はハイカーがよく参拝に訪れます。涸沢カールは、山小屋やキャンプ場があるエリアで、穂高連峰登山のベースキャンプでもなり、10月の紅葉は観光客の目を釘付けにします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶ上高地乗鞍白骨奥飛騨温泉郷(’19) (るるぶ情報版)
価格:972円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

上高地のアクセス

上高地一帯には、マイカー規制がしかれています。したがって、車でアクセスするには、松本方面からでも岐阜・高山方面からでも、国道158線の途中に設けられている駐車場で車を降り、続けてシャトルバスでアクセスすることとなっていて、徹底的に環境保全に配慮されています。
上高地へは、松本市からバスでアクセスする方法もあります。松本バスターミナルから、片道50分くらいで着き、乗り換えなど一切不要です。
上高地へは、電車・バスでもアクセスできます。JR松本駅からアルピコ交通線で新島々駅へ出て、アルピコ交通バスに乗り換えます。終点の上高地バスターミナルまで、松本駅からの所要時間は約2時間です。



同じジャンルの記事

  1. よみうりランド

  2. 寝台列車

  3. マレーシア航空