スポンサーリンク



名古屋城の料金表や駐車場と行き方がすぐわかる鉄道でのアクセス動画

名古屋城のアクセス

名古屋城へのアクセスは地下鉄が便利で、名城線「市役所」駅から徒歩5分、鶴舞線「浅間町」駅から12分ほどでアクセスできます。私鉄は、名鉄瀬戸線「東大手」駅から徒歩15分ほどです。
名古屋城へはバスでもアクセスでき、栄エリアから市バス・栄13号系統で「名古屋城正門前」からすぐです。路線バスは観光客には少々ハードルが高いでしょうが、なごや観光ルートバス「メーグル」なら無理なく使いこなせるでしょう。
名古屋城へ車でアクセスするには、名古屋高速1号楠線の「黒川」出口から南方向へ約8分で到着します。名古屋高速都心環状線ルートもあって、「丸の内」出口から北方向へ約5分で到着します。



スポンサーリンク

以下は、名古屋駅から名城線で名古屋城まで行った道筋の動画です。

名古屋城のイベント

名古屋城のレギュラーイベントといえば、土日祝に開催される「おもてなし演武ショー」は大人気です。織田信長や徳川家康などの戦国武将に扮した「おもてなし武将隊」が、臨場感たっぷりに演じてくれます。
名古屋城のイベントといえば、季節ごとの「城フェス」も人気があります。夏まつり・秋まつり・冬まつり、春の陣では火縄銃の実演があって好評を博したもので、次回はどんな出し物があるか毎度期待が寄せられます。
名古屋城は、お城を背景にしたライトアップやライブなどのイベントも手堅く支持されています。現在、本丸御殿の復元工事が行われている最中なのですが、完成後の記念イベントには、今から大きな期待がかけられています。



スポンサーリンク

名古屋城の料金

名古屋城の料金は大人500円で30名以上の団体は1人あたり450円に、中学生以下は無料です。ただし、名古屋市在住者と65歳以上のシニアは、100円の特別料金で入城できます。
名古屋城の「定期観覧券」は年間パスポートのようなもので、料金2000円で1年間有効です。城内はイベントが多いので、イベント見物にお城へちょくちょく来る人には重宝がられている模様です。観光客には、セット割引になる640円の「徳川園との共通券」がおすすめです。
名古屋城の料金は、現金払いにする人が圧倒的多数派ですが、電子マネーのマナカを使う精算方法もあります。さらに、マナカと相互利用ができる交通系ICカードでも精算できます。



観覧料

区分 個人 30人以上の
団体
100人以上の
団体
大人 500円 450円 400円
名古屋市内高齢者
(名古屋市内在住の65歳以上の方。住所、年齢及び本人であることを確認できる書類を持参してください。例:名古屋市発行敬老手帳、運転免許証、パスポート等)
100円 90円 80円
中学生以下 無料 無料 無料

名古屋城の駐車場

名古屋城には、直営の駐車場が2ヶ所あります。メインは「正門前駐車場」で、30分ごとに普通車は180円、自動二輪が100円の駐車料金、観光バスなどの大型車も駐車できるので、多くの団体客が出入りしています。
名古屋城には、もうひとつ「二の丸駐車場」もあります。正門前と比較すると地味な印象で、しかも普通車しか駐車できないので、存在さえ知らない人も少なくないようです。料金は普通車限定で、30分ごとに180円です。
民営では、名古屋城の西側にある「リパーク名古屋城西第5」が比較的お手ごろです。お城の北西方面では、「名鉄協商数奇屋町」や「いずみパーキング城西」などがあって、やはりアクセスに比較的便利な場所にあります。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 静岡観光のモデルコースや人気スポットランキング

  2. 福井だけじゃない全国の恐竜展や博物館 イベントやチケットの情…

  3. マリモファームのいちご狩りや予約

  4. ソラマチの店舗やグルメ&スイーツと施設の案内

  5. 八ヶ岳の行き方や楽しみ方

  6. 高野山のアクセスや観光スポットと拝観料&拝観時間

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お得なツアーを検索

ANA・JAL・LCC全9航空会社、全国140社の高速バス、300以上の施設から検索できるお得な旅行パック。

 

スポンサーリンク

最近の記事一覧