スポンサーリンク



国立新美術館のアクセスや料金と展示スケジュール

国立新美術館のアクセス

国立新美術館は、東京都港区の六本木7丁目という場所にあります。アクセスには、東京メトロ千代田線・乃木坂駅が最寄り駅で、駅の6出口と直結しています。地下鉄は、六本木駅からもアクセス可能で、駅からの所要時間は徒歩4〜5分といったところです。
国立新美術館には、駐車場がありません。周辺に民間駐車場がありますが、移動時間・駐車料金を考えると、アクセスには地下鉄の利用がベターといえます。
国立新美術館へのアクセスに、路線バスを使うこともでき、都営バス・六本木駅前停からは徒歩7分くらいです。港区コミュニティバス「ちぃばす」を利用すると、六本木七丁目停から徒歩4分ほどです。

国立新美術館の料金

国立新美術館の料金は、企画展の開催ごとに変動します。美術館固有のコレクションはないので、展覧会の料金は100%変動制となっているのです。
ただ、国立新美術館の建物内に入ること自体は、料金無料となっています。黒川紀章設計の建物自体も見どころとなっていて、国内最大の展示スペースを誇る壮観さも一見の価値があります。
国立新美術館の料金は建物に入るだけなら無料で、お洒落スポットとしての使い方もできます。英国風のティーサロン「サロン・ド・テ・ロンドン」は外回り途中の立ち寄りスポットとしても適当で、「スーベニアフロムトーキョー」にはオリジナルグッズも豊富で、洒落た東京土産に会えるかもしれません。

国立新美術館のホームページ

国立新美術館のホームページには日本語のほか英語や韓国語、中国語など各国語のページも用意されています。それだけ、グローバルなコンセプトのもとで展示がされているということかもしれません。
そこにはアクセスについてやフロアマップ、アートライブラリーや蔵書検索、レストランやカフェといった施設情報が掲載されています。まだ、それだけではなく利用案内や展覧会のインフォメーション、美術の資料や情報といった大きな特設カテゴリーがあります

国立新美術館の展示スケジュール

国立新美術館の展示には、企画展示公募展示があります。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 函館観光おすすめコースやランキングと観光地図

  2. 高尾山へのアクセスや観光スポットと登山コース

  3. 日光東照宮への行き方や駐車場と施設案内

  4. 奈良の観光スポットやモデルコースと観光地図

  5. 【絶景】青ヶ島の場所はどこ?あまり知られていない行き方や宿泊…

  6. 浅草観光の見どころや観光マップと以外とわかりにくい行き方

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧