スポンサーリンク



e5489での座席予約やチケットの受け取りについて

e5489で予約

JR西日本プロデュースの「e5489」とは、会員制ネット予約システムのことです。山陽・九州・北陸の各新幹線、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの在来線特急も、自宅で楽々予約できる点が好評を博していて、圧倒的に西日本では大きなシェアを占めています。
JR西日本のe5489は、予約はすべてネット上で完結します。きっぷの確認・変更・払い戻しなどの手続きも、出発に間に合えば公式サイトにアクセスしてすべて完了します。
新幹線や在来線特急を、e5489を使って予約すると、運賃はクレジットカードで精算できます。または、駅へ行って指定席券売機で現金払い、コンビニで料金を払い込むなど、やりやすい方法で運賃精選できるのもメリットにあげられます。



スポンサーリンク

e5489の切符受け取り

新幹線や特急を、e5489で予約したあとは、出発までにきっぷの受け取りが必要になります。JR西日本・JR四国・JR九州の駅で、指定席券売機を使って払い込み・きっぷの受け取りができます。JR東日本の駅でも受け取れますが、北陸新幹線の駅・東京都区内の各駅に限定なので要注意です。
原則として、e5489のきっぷは、駅の「みどりの窓口」では04:30〜23時、指定席券売機では04:30〜23:20までが受け取り時間です。ただし、駅の営業時間内に限定です。
きっぷ受け取りに必要なものは、クレジットカード・4から始まる5ケタの予約番号・電話番号下4ケタです。駅・コンビニ払いの場合は、受け取りコード・電話番号が必要になります。

e5489のログイン

JR西日本「e5489」のログインは、12ケタのユーザーID、6〜12文字からなるパスワードの入力が必須です。新幹線や特急の予約・変更は、ネット会員限定のサービスです。
また、e5489には「J-WESTかんたんログイン」サービスもあります。最初に登録するだけで、以降はログインの際に長々しいユーザーIDの入力が一切不要になり、パスワードの入力だけでOKになるのです。
なお、e5489のJ-WESTかんたんログインは、パソコンやスマホなど1人で複数の端末を使っている人はそれぞれで登録が必要です。1台のパソコンを複数人で使っている場合も、各人が個別に登録するのが決まりです。

e5489の座席表

JR西日本「e5489」は、座席表を確認したうえで、新幹線・特急のオンライン予約ができます。ネット会員はログイン後、「人数・座席位置・乗車券選択」画面で、号車・座席を選択して予約する仕組みです。
また、e5489のホームページでは、「座席表から選ぶ」から予約する方法もあります。対象となる列車は豊富なラインナップがあり、JR西日本・九州・四国・東日本エリアの列車をカバーしています。
なお、e5489のホームページで、座席表を選択した時点ではまだ予約したことにはなりません。ネットでは多少タイムラグが発生することがあるので、空いていると思ったら実際は予約ができなかいケースも発生し得ます。

e5489のアプリ

JR西日本「e5489」のサイトはスマホ版もあって、「JRおでかけネット」のホームページで公式アプリが提供されています。とくに、「マイダイヤ」ページでは、列車の時刻検索・運賃も調べられます。
パソコン同様、e5489のアプリからも新幹線や特急のオンライン予約ができます。きっぷは、JR西日本・四国・九州の駅で受け取り、「かんたんログイン」に登録してログインの際にユーザーIDの入力を省略することもできます。
スマホアプリは、e5489のチケットレスサービスで威力を発揮します。スマホ予約の際「提示用画面」がきっぷの代わりになり、乗車時に係員に見せるだけでOKというお手軽さが受けている模様です。



スポンサーリンク

e5489の往復割引

JR西日本「e5489」で往復きっぷでは、片道の営業キロが601キロ超であれば、往復割引が適用されます。ゆき・かえりの運賃が、それぞれ10%オフはお得感大です。
往復割引きっぷは、e5489で予約の際に有効期限は要確認で、往復きっぷは片道の2倍となっています。また、エクスプレス予約の「e特急券」は、往復割引きっぷと組み合わせることも可能です。
ちなみに、e5489で往復割引きっぷを、ゆきの分を使ったあとで、かえりの分だけを払い戻す場合、片道きっぷとの差額と310円のキャンセル料がかかります。以前好評だった「いつも使う列車」サービスは、2017年9月に惜しまれつつも終了となっています。

e5489の予約変更

JR西日本「e5489」の会員は、きっぷを予約したあとで、変更手続きがホームページでできます。予約時にクレジット決済を選択した場合、変更は何度でも無料でできます。
手続き方法は、まずe5489のサイトでログイン、「予約の照会・変更・払いもどし」ページにアクセスします。すると、予約一覧が表示されるので、変更したい予約分を選んで手続きします。
なお、e5489の予約変更は、列車の発車6分前まで(チケットレスサービスの場合は発車2分前まで)できるので、乗り遅れて後続の列車に振り替えたいときなど重宝します。コンビニ決済を選択した場合、きっぷ受け取り前の変更はできない点も要注意です。

e5489の予約キャンセル

JR西日本「e5489」のネット会員は、キャンセルもホームページでできます。パソコンやスマホでホームページにアクセス・ログインのうえ、「予約確認・変更・払戻」ページから手続きします。
また、e5489で予約したきっぷは、駅やコンビニ決済を選んで精算する人も多いことでしょう。この場合、支払う前ならキャンセル料なしですが、支払い後は所定のキャンセル料がかかります。
ちなみに、e5489の予約でクレジット決済を選んだ場合、予約した時点で決済が行われる旨の規定があります。したがって、クレジットカードを使った場合は、きっぷ受け取り前でもキャンセル料が発生する点で要注意です。



e5489の法人利用

JR西日本「e5489」は、法人向けサービスも提供しています。エクスプレス予約の利用金額が年間500万円以上などの入会条件がありますが、経費削減などに企業の関心は高いようです。
まず、e5489の法人会員は東海道・山陽新幹線を、パソコンや携帯電話で予約・変更が自在にできます。さらに、チケットレスサービス付きなので、ICカードは自動改札機にかざすだけでOK、法人として一括精算も可能もメリットです。
ただ、e5489法人会員のエクスプレス予約は、東京〜博多間の東海道・山陽新幹線に限定、東北・九州などほかの新幹線は対象外です。また、クレジット機能もないので、出張に特化したサービスといえます。

e5489の領収書

JR西日本「e5489」は、オンラインで領収書も提供しています。ホームページの「会員メニュー」から「決済履歴(領収書の提示)」を選択、e5489領収書をプリントアウトすることもできます。
また、e5489で予約して駅で、みどりの券売機・受取機でも、領収書を発行してもらえます。自宅でも駅で体裁に多少の違いがありますが、公的なエビデンスとして経費計算に使うことができます。
なお、e5489でオンライン予約しても、手書きの領収書が欲しいという人も中にはいるでしょう。その際、きっぷとクレジットカードをJR西日本管轄内の主要駅の窓口へ持参して、その場で発行してもらうことができます。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ななつ星 in 九州の料金や時刻表と予約方法やその倍率

  2. 京急線の路線や時刻表、京急空港線の路線や時刻表について

  3. JR東海ツアーズの店舗や人気プラン・取り寄せパンフレットやキ…

  4. 大阪環状線

  5. 北陸新幹線の時刻表や料金とかがやき・はくたか・あさま・つるぎ…

  6. スマートEXを使ってチケットレスで新幹線!使い方や領収書の印…

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧