ICOCA

この頁のコンテンツ

ICOCA 使い方

ICOCAは、JR西日本エリア・みどりの窓口か自動券売機で購入でき、販売価格は1枚2000円で、デポジット500円分を含んでいます。基本的な使い方は、鉄道・バスで運賃精算に使うというもので、対象エリアの交通機関では重宝する電子マネーです。
ICOCAはプリペイド方式になっていて、最大20000円までチャージできます。鉄道以外でも、対象店舗では買い物にICOCAを電子マネーとして利用でき、使い方はリーダライタにタッチするだけです。
JR西日本のエリアでは、ICOCA定期券を使っている人が多いと目されます。SMART ICOCAは、事前にクレジットカード登録をする必要があるなど、使い方に注意が必要ですが、J-WESTポイントが貯まるなどメリット大の電子マネーなのです。

ICOCAのエリア

ICOCAが使えるエリアは、主に近畿圏を中心に、岡山・広島エリアも対象となっています。対象エリアは着実に拡大し、現在では近畿圏・岡山・広島・山陰・香川・石川エリアが地続きになり、西日本を代表する電子マネーに進化しています。
ICOCAが使えるエリアは、Suica、PASMO、PiTaPa、Kitaca、TOICA、SUGOCA等々にも広がりをみせています。ただし、エリアをまたがっての使用はできない点は要注意です。
ICOCAは、2018年春から利用制限がかせられるようになり、対象エリアでICカードでの移動は200kmを超えないこととなっています。ただし、大阪の電車区間内の移動などは対象外となっているので、実用上では不自由を感じるケースはレアケースとなっているのが実情です。



同じジャンルの記事

  1. e5489

  2. 高速バスネット

  3. 四国観光