スポンサーリンク


北陸新幹線の時刻表や料金とかがやき・はくたか・あさま・つるぎの停車駅

北陸新幹線とは

2015年3月に金沢に達した北陸新幹線とは、東京-金沢間を最短2時間28分で結ぶことで評判です。近い将来、金沢-福井間が開通し、ゆくゆくは新大阪まで伸びる予定です。
北陸新幹線とは糸魚川駅を境に、JR東日本とJR西日本に分割されます。車両はE7系とW7系の2タイプがあり見かけ上、両者は瓜二つです。
北陸新幹線とは、鳥のようなかわいらしい面構えでも評判です。車体はアイボリーホワイトをベースに銅色のライン入りで、金沢を意識してか和の伝統工芸をイメージしての色使いです。

スポンサーリンク

北陸新幹線の時刻表

時刻表は、各駅によってことなります。見やすいのは「えきから時刻表」だと思います。
たとえば、朝6時16分に東京を出発した「かがやき」が6時22分に上野、長野には7時34分という具合にそれぞれの駅の発着時間が一覧できます=リンク

北陸新幹線かがやきの停車駅

JR北陸新幹線かがやきの停車駅は、はくたか・あさまと比較して少なめです。さらに最高時速240kmの高性能車両でもって、東京-金沢間の所要時間は、最短で2時間28分です。
北陸新幹線かがやきの停車駅は、長野駅や富山駅など主要ターミナルに絞った内容です。大宮-長野間は、約1時間ノンストップです。

東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅

※「●」は停車駅
北陸新幹線かがやきの停車駅では、12号車の停車位置が雰囲気が少々違います。それもそのはずで、12号車はグランクラスなのです。さしずめ地上を走るファーストクラスのようで、ゴージャスなオーラを発しています。

スポンサーリンク

北陸新幹線はくたかの停車駅

JR北陸新幹線はくたかの停車駅は、東京-金沢間の各駅に及びます。営業キロは450.5kmで、グランクラスを通しで乗れば豪華体験をたっぷり満喫できます。

東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅

※「●」は停車駅、「○」は一部通過、「◎」は相互接続駅
北陸新幹線はくたかの停車駅のうち、本庄早稲田駅などを通過する列車もあります。もっとも2〜3駅スキップしても、所要時間が劇的に短くなるわけではありません。
北陸新幹線はくたかの停車駅は多いので、東京-金沢間は3時間あまりかかり、かがやきより30分以上長くかかる計算です。はくたかの運転間隔は、1時間あたり1本見当です。

スポンサーリンク

北陸新幹線あさまの停車駅

JR北陸新幹線あさまの停車駅は、東京-長野間の各駅が該当します。営業キロは222.4kmで、グランクラスは連結していますが、アテンダントサービスはありません。
北陸新幹線あさまの停車駅は、長野行き新幹線の時代から営業してきた駅たちです。当時、長野オリンピックに間に合わせるかのように、1997年に先行開業したのは記憶に新しいところです。

東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅

※「●」は停車駅、「○」は一部通過、「◎」は相互接続駅
北陸新幹線あさまの停車駅は、基本的に東京駅から長野駅の各駅に及びます。列車によっては、本庄早稲田・熊谷・安中榛名を通過するケースもあります。

北陸新幹線つるぎの停車駅

JR北陸新幹線つるぎの停車駅は、富山-金沢間の都合3駅です。北陸新幹線の本線上を走りますが、ミニ新幹線のような趣です。
北陸新幹線つるぎの停車駅はごく少ないのもので、営業キロもわずか58.6kmです。通しで乗っても、所要時間は22〜23分の小さな旅です。

東京駅 上野駅 大宮駅 熊谷駅 本庄早稲田駅 高崎駅 安中榛名駅 軽井沢駅 佐久平駅 上田駅 長野駅 飯山駅 上越妙高駅 糸魚川駅 黒部宇奈月温泉駅 富山駅 新高岡駅 金沢駅

※「●」は停車駅
北陸新幹線つるぎの停車駅は、始発・終点も含めてわずか3駅ですが、金沢-富山間の高速移動に補助的な手段となっている一面もあり、1日あたり20本近く運行されます。つるぎにもグリーン車はありますが、グランクラスは連結していません。

北陸新幹線の料金

北陸新幹線の料金ですが、東京⇌金沢を「はくたか」に乗車した場合、所要時間は2時間56分で、乗車券が7340円、特急券が6260円で合計13600円になります。「かがやき」に乗れば所要時間が2時間34分とちょっと早く着きますが、特急券が6980円になり、合計で14320円となります。
東京⇌金沢で「はくたか」を利用した場合の、各クラス別の料金は以下になります。
普通自由:13600円
普通指定:14320円
グリーン車:18750円
グランクラス:26970円
また、途中の各駅〜各駅間の場合、選択によってそれぞれ金額が違うので、オフィシャルページで検索したほうがよいでしょう=リンク

北陸新幹線の運行状況

JR北陸新幹線の路線は、世界的な豪雪地帯を通り抜けます。
当然、気になるのが、その運行状況です。
ただ、これまでの実績で見ると、「北陸新幹線は雪に強い」といわれ、インターネット上では「北陸新幹線最強説」もつぶやかれるほどです。
2018年2月4日から積もりだした大雪の時も、JR北陸本線の福井~金沢間、旧北陸本線を営業するIRいしかわ鉄道線、あいの風とやま鉄道線などが相次いで運休を余儀なくされましたが、北陸新幹線は、「一部区間で徐行運転」「金沢~富山間の『つるぎ』」2本が運休」をのぞき、大きな遅れは発生していない」という実績を残しました。

北陸新幹線が雪に強い理由

これは、「もともと豪雪地帯に建設したので、あらかじめ雪に強い設計になっている」からです。
具体的には、トンネルが多いということ。トンネル比率はなんと全体の44%もあります。しかもそのトンネルとトンネルのあいだもスノーシェルターでガードされているので、そもそも線路に雪が積もりにくいのです。
なお、リアルタイムの運行状況はこちらでチェックできます=リンク

スポンサーリンク


関連記事

  1. 観光路線としても人気のゆりかもめの路線図や料金表と時刻表につ…

  2. 大阪環状線

  3. 大人の休日倶楽部の会員サイトやチケット購入方法について

  4. 東北新幹線の停車駅一覧や時刻表 グランクラスの料金と予約

  5. 常磐線の路線や時刻表と料金表

  6. 新幹線・東京や新大阪、博多発の時刻表や便利なデジタル時刻表

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク

最近の記事一覧