Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スマートEXを使ってチケットレスで新幹線!使い方や領収書の印刷などについて

スマートEXで新幹線予約

スマートEXとは、東海道・山陽新幹線のオンライン予約サイトのことです。

スマートEXは2017年9月30日に開始された新しいサービスで、主な特徴としては、「スマホ、PCから予約、変更、キャンセルができる」「ICカードで改札を通過できる」「対象区間が東京~博多」などがあります。年会費は無料で、列車の検索・予約から乗車まで、オールチケットレスで完結できるので、長い行列に並んで購入する手間が省けます。

スマートEXは、新幹線をネットで予約してみどりの窓口で発見してもらう必要もありません。チケットレスサービスは、スマホでも利用可能で、スマホの場合は乗車情報が表示されている画面が、乗車券の代わりになります。

スマートEXで新幹線を利用する際、精算には交通系ICカードが使えます。新幹線の料金は全体的に、窓口料金と比較して若干安めになっていて、「EX早特」などの割引プランも好評を博しています。



スマートEXの料金は安い?

スマートEXは、東海道・山陽新幹線の乗車券がオンラインで購入でき、チケットレスサービスが売りになっています。
料金の精算には、交通系ICカードが使用可能なので、使えるカードをホームページで確認するとよいでしょう。
スマートEXを検証すると、料金は窓口と比較して、若干安めに設定されています。たとえば、東京-新大阪間は通常なら14450円ですが、オンラインのスマートEXの場合、14250円になるといった具合です。
さらに、スマートEXには料金が割引になるプランが多くあります。EX早特、EXグリーン割引、EXのぞみファミリー早特などのラインナップがあり、年会費無料でこれほどの特典付きは、新幹線族に強力にアピールします。

スマートEXをの領収書

スマートEXを利用してJRに乗ると、チケットレスですいすい乗れてとても便利ですが、「領収書」とか「レシート」ってどうしたらいいの?という声をよく聞きます。
それに対しては、スマートEX「領収書表示サービス」というページがあるので、そこで領収書を表示→印刷しておけばオッケーです。
「スマートEXのサイトトップ」→「予約ガイド」→「領収書表示サービス」と進めば表示されます。
領収書の表示期間は、予約完了日の翌日から3ヵ月後(23:30)までで、予約完了日当日は表示されません。スマートフォンでもパソコンでも利用できます。

スマホでスマートEXを使ってみると

「交通系ICカードで新幹線に乗車できるということで、iPhoneに入れたモバイルSuicaでも乗車可能なのか試してきました」という動画です。

スマートEXとエクスプレス予約を比較

「エクスプレス予約」も「スマートEX」と同様にスマホから新幹線の予約が可能ですが、どんなふうに違うのでしょうか。
ざっくりとその比較をするとこんな感じです。

項目エクスプレス予約スマートEX
年会費1,080円無料
クレジットカードJ-WESTカード エクスプレスカードVISA/マスター/JCB アメックス/ダイナース
ICカード専用カード交通系ICカード
ポイントありなし
割引

これらの比較が動画でまとめられていますので、掲載しておきます。

最新情報をチェックしよう!
広告