スポンサーリンク



銀山温泉の行き方や人気旅館と散策マップ

銀山温泉

銀山温泉は山形県北部の尾花沢市郊外にある温泉地です。中心エリア内の雰囲が独特の素晴らしさであるため、毎年、特に冬場の旅行番組で山形が特集される場合は山形県を代表する冬場のオススメスポットとして旅番組に頻繁に登場するため、全国的に有名で東北一有名と言ってもいいほどです。
また最高視聴率50%以上を記録したNHK朝の連続テレビ小説「おしん」の舞台としても有名です。さらに、宮﨑駿のアニメ映画「千と千尋」のモデルとなっているとも言われています。その温泉街の美しく風情のある景色は万国共通で外国人から見ても大変魅力的に映るため、近年では外国人観光客も増えてますます人気が上昇しています。



スポンサーリンク

銀山温泉の観光スポット

まず銀山温泉について最初に言えるのは、温泉地外の観光スポットもいくつかありますが、テレビの旅番組や雑誌の特集でよく見かける街の景観自体を見渡せる場所が最高の観光スポットだということです。

銀山温泉は川の左右に多数の旅館が軒を連ねているのが特徴で、まず各旅館の外観の雰囲気が明治・大正時代にタイムスリップしたようなレトロな雰囲気を感じられる建物ばかりです。その上、夜になると灯る街灯も一般的な街灯ではなくレトロな雰囲気のガス灯で、左右にかかる橋も和風テイストのデザインになっています。そのため、川にかかる橋の上から温泉街の中心部の全容がみえる場所は旅行客が集まる最高の絶景スポットとして有名で、アマチュアカメラマンの撮影スポットとしても人気です。

大正ロマンの温泉街が雪と宵闇の衣を纏う、冬の銀山温泉。ガス灯に浮かび上がる世界は幻想的のひとこと。日帰り観光ではなかなか見られない、雪の夜景も動画で

さらに、最高のシチュエーションというものがあり、それは、宿の屋根や道に雪が積もっている冬季(1月・2月頃)の夜になって宿とガス灯に明かりが灯った時です。このシチュエーションの銀山温泉の雰囲気は美しく風情があってロマンティックで、一生忘れることが出来ないほどの素晴らしさがあります。鑑賞した人達から昔から絶賛されてきました。

なお、中心街の橋の上からの景観を除いて考えると、温泉地にあるお店自体も和風テイストのお店ばかりですので、そういったお店を巡ると、より大正ロマンの雰囲気を味わえます。
また、温泉街の奥地にはウォーキングコースがあり、銀鉱山だった頃の面影が感じられる史跡などがありますので、朝の散歩などにおすすめです。その他、湯温が熱いため長くは足を浸からせてはいられない傾向ながら、中心部には美しい景色を見ながら利用できる足湯スポットもあります。

※引用:http://www.ginzanonsen.jp



スポンサーリンク

銀山温泉のアクセス

銀山温泉は、日本全国の有名な温泉の中では、電車でのアクセスの良い立地と言えます。なぜなら、山形新幹線の停車駅にもなっているJR大石田駅が最寄り駅であるからです。
このJR大石田駅からの距離としては直線距離で言うと12km程度で、最短ルートで道を進んでいく場合は約15kmの距離があります。そして大石田駅からの交通移動手段としては、駅と温泉街を往復する直行バスが朝から夕方まで出ており、バスに乗って約40分で着きますのでこれに乗るのが最もポピュラーです。
ただし駅を降りてからの景観が素晴らしいほか標高差が少なくて歩きやすく、早歩きで歩けば3時間程度で着きますので、行きだけでも歩いていくという形も十分可能です。

その他、ある程度歩いて景観を楽しんでからバスに乗る、または駅から途中までバスに乗り、途中で下りて景観を楽しみながら現地に向かうという手もあります。
ちなみに主要駅からの大石田駅までの所要時間としては、東京駅からだと約3時間、宇都宮駅からだと約2時間半、福島駅からだと約1時間半です。

次に車でのアクセスとしては、東隣の宮城県内の東北自動車道・古川ICから70kmです。飛行機の場合は、東根市の山形空港を出てから付近のJR神町駅から在来線で約20分かけて大石田駅まで行き、駅からはバスで行くのがポピュラーです。

※引用:http://www.ginzanonsen.jp



銀山温泉の人気旅館

銀山温泉でには、館内から中心街が見えない旅館もありますが、やはり中心街が窓の外に見える宿が全体的に人気です。その中でも、ガス灯が灯る街の中心部にあって宿の外観自体もメディアによく登場するため有名である、古勢起屋別館昭和館旅館松本という隣り合った3つの宿は高い人気があります。

銀山温泉 昭和館】大正ロマンあふれるノスタルジックな湯の町

その他、川から離れた場所で言うと、一番奥の方にある瀧見館は蕎麦の美味しい旅館として有名で、メディアにも頻繁に登場します。もう一つ、中心街からだいぶ離れた場所にありますが、旅館名に銀山という名がつく銀山荘も、温泉街の中で圧倒的に面積が広い旅館で館内施設が充実しているので人気があります。ちなみに銀山荘は、温泉街の景色は夜に歩いて見に行くとして、ホテル風の近代的な宿に泊まりたいという場合に大変おすすめです。

銀山温泉の旅館検索

銀山温泉には、特に川の左右に似たような雰囲気の和風旅館が多数あります。そのため、大手宿泊施設予約サイトの銀山温泉内の旅館一覧ページを見ても、なかなかどの宿が一番良いかはなかなかわかりづらい部分があります。そんな時はやはり口コミを頼りにして、各予約サイトの口コミ評価上位のいくつかに絞る形が一番おすすめです。そして、その中から部屋の窓から見える景色の素晴らしさ、料理の素晴らしさ、接客評価などを細かくチェックしていくと最高の宿に宿泊出来る可能性が高まります。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 草津の温泉やスキー、見どころや観光マップと白根山の動画

  2. 日帰り温泉もある食と健康のテーマパーク・サイボクハム

  3. チムジルバン

  4. 城崎温泉の観光マップや外湯めぐりに便利な観光協会の街ブラ地図…

  5. スパリゾートハワイアンズの料金表や日帰りコースとバスツアー

  6. スーパー銭湯の人気ランキングや各地域おすすめ施設と24時間営…

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧