スポンサーリンク



いすみ鉄道・ムーミン列車で楽しめる菜の花や桜の見頃と観光スポット、路線や時刻表について

いすみ鉄道のムーミン列車

いすみ鉄道で一番人気といえば、ムーミン列車をおいてほかにないでしょう。全部で6両ありますが、どの車両が来るかは乗ってみてのお楽しみです。

ムーミン列車誕生のきっかけは、いすみ鉄道沿線の風景がムーミン谷に似ていることがヒントになったといいます。2009年に運航を開始するやたちまち口コミで評判が広まり、今では観光客が押し寄せる名物列車となっています。
いすみ鉄道では、車体や行き先表示はもちろん、駅ホームや沿線のそこかしこでスナフキンなど、ムーミンのキャラクターたちに出会うことができます。途中の国吉駅では、駅構内に公式ショップがあり、ムーミンのキャラクターをあしらった限定グッズを購入できます。

スポンサーリンク

いすみ鉄道の観光スポット

いすみ鉄道は、ムーミンをモチーフにした車両や観光スポットが次々と誕生しています。東京方面からの観光客は、大原駅から乗る人が大半です。

毎年9月下旬の「大原はだか祭り」で、神輿ごと海に入る「汐ふみ」は大原海水浴場で行われ大勢の観光客が訪れます。
いすみ鉄道の国吉駅から車で約16分の行元寺(ぎょうがんじ)も、要注目の観光スポットです。観光客のお目当ては行元寺の欄間彫刻で、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』はこれにインスパイアされたといいます。いすみ鉄道沿線では、大多喜駅からアクセスできる大多喜城や城下町も風情があります。大多喜城は車窓から眺めることもでき、人気撮影スポットとなっています。

大多喜城

いすみ鉄道「大多喜駅」から徒歩で約20分のところに大多喜城があります。

戦国時代から江戸時代かけてあった平山城を再建したもので、内部は総合南博物館になっています。
そのまま歩いて、「大多喜町薬草園」「夷隅川フィッシングパーク」「夷隅神社」「房総中央鉄道館」と、歴史散策を楽しむこともできます。

スポンサーリンク

いすみ鉄道といえば菜の花

「いすみ鉄道といえば菜の花」という人もいることでしょう。
菜の花に囲まれてトコトコと走る列車の景色は、まるでおとぎの国のようです。菜の花のシーズンは3月中旬から4月中旬まで。地元のボランティアの方々が種まき・草刈をしており、線路沿いに約15kmにわたって開花するので、ほぼ全線、菜の花に囲まれて走る、という感じになります。

そして、その菜の花と重なるようにピークを迎えるのが桜です。こちらのシーズンは3月下旬~4月上旬ごろになります。

この他にも、5月の新緑、6月にはホーム端に咲き誇るあじさい、秋になれば紅葉が楽しめます。

いすみ鉄道の路線図

いすみ鉄道の路線は「大原〜上総中野」の26.8kmになります。
停車駅は「大原」「西大原」「上総東」「新田野」「国吉」「上総中川」「城見ケ丘」「大多喜」「小谷松」「東総元」「久我原」「総元」「西畑」「上総中野」の13駅になります。

※引用:https://ja.wikipedia.org
接続は、JR外房線の大原駅と、JR内房線経由の小湊鉄道・上総中野駅になります。

いすみ鉄道観光急行列車

いすみ鉄道では、土休日に観光急行列車を運転しています。
この急行列車には、昭和時代の国鉄形ディーゼルカー「キハ52形・キハ28形」を使用しており、昭和40年代のローカル線の旅を楽しめるというものです。
沿線ののんびりした景観とともに、ゆっくりとした旅心地が堪能できるでしょう。
※キハ28

なお、急行券や指定席券には前売りチケットがありません。乗車日に始発駅で購入することになります。

いすみ鉄道の時刻表

いすみ鉄道の路線は駅が13駅しかない一本道なので、その時刻表もシンプルです。
下は、土日休日用の上り・下り列車の時刻表のキャプチャー画像ですが、
「どの駅から上り列車が何時に出るか」が一枚の時刻表で読み取れます。


※引用:http://www.isumirail.co.jp

運賃の一覧表も含めた平日、及び休日の時刻一覧表はこちら=リンク

始発はだいたい5時半ごろに大多喜駅を出発。上り、下りともそのままターミナル駅の「大原」「上総中野」まで走って、スイッチバックするという感じです。おそらく大多喜に車両基地があるのでしょう。
ですから、「大原」「上総中野」というターミナル駅からの「実質上の始発」は6時ごろということになります。
運行間隔は、1時間にだいたい1本ですが、乗り遅れると1時間以上待つ場合もあるので、時刻表のチェックはしておいたほうがよいでしょう。

いすみ鉄道のフリーチケット

いすみ鉄道では、沿線の観光に便利な「1日フリー乗車券」が用意されています。
全駅フリーパス、1日乗り放題のお得な乗車券です。

発売期間 通年
有効期限 乗車当日に限り有効
乗り降り自由
金 額 大人 1,000円
発売場所 いすみ鉄道・デンタルサポート大多喜駅 及び列車内(運転士)

なお、列車内での購入の場合、車内では、両替できません。釣銭がないようにしましょう。
この里ケットは「いすみ鉄道Webショップ」で通販によって購入することもでき、サイト内では「キハカレー」や「キロカレー」など、鉄道ファン向けの製品も販売されています。

また、いすみ鉄道では、車内に自転車をそのまま持ち込むことができます。金額は210円で、このチケットもいすみ鉄道・デンタルサポート大多喜駅及び列車内(運転士)で販売しています。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 北陸新幹線の時刻表や料金とかがやき・はくたか・あさま・つるぎ…

  2. 青春18きっぷ(切符)の買い方や発売期間と使い方をまとめたパ…

  3. JR北海道の路線図や時刻表

  4. 阪急交通社トラピックス・東京・名古屋・関西のバスツアーや検索…

  5. 南海電鉄の時刻表や路線図と運賃、路線周辺の観光情報

  6. 観光列車

*関連コンテンツ



スポンサーリンク

最近の記事

人気の記事

おすすめの記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク

最近の記事一覧